究極の健康

ものごとには多面性があります
一方からみて「良い」ことも反対から除けば「悪い」となります

病院の専門高度化により今まで原因不明とされていた病気の原因が明らかになりました
しかしその弊害で現場の医師や看護師の負担が増えたり、専門外のことへの対応ができなくなることが起こったりします

瞬発的な力を手に入れるために筋肉を肥大させれば
持久力が低下したり、筋肉が発生させたパワーによりケガにつながることもあります

このように片方を優先したとき、対極にあるものが低下することがほとんどです
もちろん両立する方法もあります
しかしどちらも手にするためには
時間、費用なさまざまなものを注ぎ込まなくてはいけません
気の遠くなるような努力が必要になるので普通の人には実現できないと私は思います

それでも
自分の適性があるカテゴリーを選んだり
苦手であってもあきらめずに反復練習を繰り返すことにより
ひとつずつ手に入れることができます

もちろん
先ほどのパワーとスタミナの相性のように
どちらかを習得しようとするともう片方が低下することもありますが
基礎能力が上がることで限りなく両立に近づけるようになります

気の遠くなるような努力の先にこそ
「究極の健康」があると信じていますし、私たち現場の人間はそのための技術と知識の習得に力を入れています

ノリゾーラボは前進し続けるあなたを全力でサポートしています

無題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)