マツダMPVを安価にLパッケージ本革シート風に

平成18年式のMAZDA MPV LY3P 23Tを中古で購入した時は通常のファブリックシート(布)。
喫煙車ということもありシートに穴が開いていたのでそれを隠すことも導入目的の一つだった。

今回購入したのはラグジュアリーシリーズのパンチングレザーの黒。
子供が小さいこともありレザーの管理よりもファブリックシート内に食べ物や飲み物が浸み込むことと汚れが目立たないようにするための狙いがあった。
実際に使ってみると汚れもサッとふき取ることができているので本革でもカバーなので神経質になることもなくすんでいる。
新車購入時に汚されたらイライラしそうな人にもいいかもしれない。

装着時の注意することはカバーがシートの形にフィットしているので取り付けの時に握力が必要になる。
私は1列目、2列目、3列目と3日に分けて装着した。

また穴を伸ばすために力ずくで引っ張ったときに革が少し裂けてしまったので取り付けるときは全体的に引き延ばしたほうがきれいに付けられる。

色やタイプのバリエーションも多いので今の車にマンネリ化した時の気分転換になるので車の買い替えよりもはるかに安価にすむ。手軽な延命措置だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)