2018メキシコ風俗事情

2017年12月15日

メキシコの首都 メキシコシティに到着
成田からANAの直行便で行きは12時間帰りは14時間の長旅です
メキシコの世界遺産 ティオティワカン遺跡とメキシコ古代文明の集大成といわれる国立人類学博物館を堪能しましたので
恒例の尾根遺産を堪能しようと思いました。
・・・・・が!

メキシコシティには置屋の情報がほとんど見つかりません
現地のコーディネーターのコネがないと店舗型で遊ぶとこにはたどり着けませんでした

仕方がないので立ちんぼがいるといわれる
下の地図のサンフェルナンド広場へGO!!
メトロ2号線のHidalgo駅から歩いて数分で到着!

広場の目の前にはサンフェルナンド教会があり、そんなにも有名ではありませんが雰囲気あります
中米のグアテマラ・ホンジュラス・ベリーズも行きましたが教会のクオリティはメヒコが群を抜いています

肝心の尾根遺産はいたのか?
……!!

いました!
うわさ通りモンスターとBBAが!
20名ほどはそれらしいそぶりをしていましたが
母親と同い年ぐらいのもゴロゴロいるので難易度がすこぶる高いです

その中からかろうじて交流がはかれそうな4人ほどに勇気を振り絞り声を掛けます
¿Cuánto cuesta?クアントクエスタ?(いくらですか?)
顔にツバを吐かれることもなくみんなにこやかに対応してくれます

私の語学力は数字のヒアリングもできない低スペックなので
電卓を差し出し金額を入力してもらいます

いけそうな4人に聞いた限りでは
200~300ペソが相場のようでした
1ペソ=6円程度なので1,200~1,800円というところです

その中で一番よさそうな子が200ペソだったので迷わず声をあげました
Por favor!ポルファボール(お願いします!)

そのあとは公園の目の前の有名な安宿 サンフェルナンド館にいきます
勝手を知ってる女の子が宿の受付とも話をしてくれるのでスペイン語がいけなくても安心です
ショートステイで150ペソ 約900円です

部屋は4階でエレベーターがありませんでしたが先を行く嬢のお尻を押し上げながらイチャコラ階段を上がります
部屋は狭いですがバスルームとテレビがありエッチなビデオを流してくれてます

先に200ペソを渡してキスをしながら服をぬいでいきます
口でしてもらいたいとジェスチャーで伝えると
100ペソでOKとのことなので追加発注をかけました
ゴムフェラですが一生懸命にしてくれるので気分もナニもエレクトしてきます!

小柄な子なので予想通りキツキツでした
途中でうしろから突いてほしいというリクエスト通りバックフィニッシュを決めました!

女の子はシャワーを浴びるようなのでわたしは先に部屋を出ていきました
よく見ると外の従業員が山積みになったシーツを運んでいました
やはり需要のあるホテルのようです

立ちんぼの数は多いのでその中でいいと思える子がいたらありの場所だと思います
今回の子は当たりでした!満足満足!
総費用 450ペソ 2,700円
ちなみに↓こんな感じでたくさん座っています
チラチラこちらをみてくれるので大きな声でこう言いましょう
クアントクエスタ?


https://m.hapitas.jp/register?i=20951665

ノリゾーラボ川口元郷 ホームページ ↓
http://norizolabo-kawagutimotogo.on.omisenomikata.jp/

無題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)