スローライフが電気利用料を引き下げる秘訣

荒川区の自宅の電気使用量の推移です
%e7%84%a1%e9%a1%8c
昨年の電気利用量より更に少なくなっています
太陽光発電を導入後は節電意識の高まりにより利用量が減るという話はよく聞きますが
今年は更に改善したことにより既に3カ月も買電よりも売電が上回っています

それでは具体的に変更した生活習慣をリストアップしてみます
①掃除機から棕櫚(シュロ)ホウキを使うようにしました

②日中電気を使わず売電する量を増やすために夜間電力を使うスケジュールに変更しました
 洗濯機、パン焼き機はタイマーで明け方までに終了するようにセット(インバーターを装備した洗濯機は脱水時に多く電力を消費します)

③竹シーツを使用し、極力睡眠時のエアコンを使用しないようにしました

④オーブンを使用しなくてもガス台で調理できるように鋳鉄なべのココットのストウブ鍋を2つ購入しました

⑤ごはんを炊くときのを電気釜から④のストウブを使うようにしました(最初は萬古焼の土鍋を使用していましたがマルチに使用できるストウブに一本化しました)

⑥暖房にエアコンを使わずストウブやヤカンを置いておける灯油ストーブ(アラジンストーブ)を導入しました

節電というのがスタートでしたが
いいものを大切に使ったり
季節ごとに工夫をする生活をすることで
今までよりもゆったりとした生活になり季節の変化を感じられるようになりました

無題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)