アンペア契約変更後の結果 80A⇒30A

先日『本気で5アンペア』に影響された私は
自宅のアンペア契約を
80Aから30Aに引き下げました

なんで元のアンペア契約が80Aなんてべらぼーな契約かは前回を読んでください
太陽光発電導入の落し穴(自宅屋根うえ)

アンペア契約変更後
初の電気利用明細が来ましたので報告します
まずは80A契約最後の月
2016年9月分です
img_0128-15-11-16-12-38-09
基本料金 2246円40銭

続けてアンペア契約変更後の明細
2016年11月分
img_0128-15-11-16-12-38-11
基本料金 842円40銭

差額

1,404円

わたしの家の場合ですと
太陽光発電導入後に
40Aから80Aに切り替えられたようですので
17か月分
23,868円余分に支払っていたようです
これが今後も10年20年と支払っていたかもしれないと考えるとゾッとします

これほどまでに大きな額面の変化がでるお宅はないかもしれませんが
どの家庭も余裕を持たせたアンペア契約になっているはずなので
10~30アンペア分ぐらいは引き下げられると思います

寒いのや暑いのを我慢する苦しい節約よりも
最初のひと手間
自宅の家電の消費電力量の計算をして電力会社にアンペア契約を申し込むことで得られる節約効果の方がぐっと楽です
アンペア変更にかかる手数料は無料ですのでぜひ実施してみてください

無題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)